ローリングバーストとローリングバースト(リチウム)を大きさなど写真を交えて比較しています。

バイブセレクト

更新履歴

マゼラン追加(2011/07/17)

U.F.O(R-1専用アタッチメント)追加(2011/05/29)

アラブS追加(2011/04/17)

潮姫〜大洪水伝説〜追加(2011/04/03)

アラブビスタM追加(2011/03/20)

アラブLL追加(2011/03/06)

シナプスヴォーグ追加(2011/02/20)

フェミニマイブー追加(2011/02/06)

オルガBig(フェアリーミニアタッチメント)追加(2011/01/30)

エネマ(フェアリーミニアタッチメント)追加(2011/01/23)

 

全ての更新履歴

ローリングバーストとローリングバーストリチウム比較

 

ローリングバーストとローリングバースト(リチウム)の基本情報比較

 

  ローリングバースト ローリングバースト(リチウム)

写真

ローリングバースト ローリングバースト(リチウム)

サイズ

(全長/挿入部長さ)

21.5cm/11.5cm 22.5cm/11.5cm

カリ部分

(横直径/正面直径/周囲径)

3.5cm/2.8cm/10.1cm 3.5cm/2.8cm/10.1cm

中腹部分

(横直径/正面直径/周囲径)

2.6cm/2.6cm/8.3cm 2.6cm/2.6cm/8.3cm

根元部分

(横直径/正面直径/周囲径)

2.6cm/2.6cm/8.3cm 2.6cm/2.6cm/8.3cm
刺激スポット

クリトリス刺激あり

入口刺激なし

Gスポット刺激なし

中(奥)刺激あり

クリトリス刺激あり

入口刺激なし

Gスポット刺激なし

中(奥)刺激あり

機能

防水仕様なし

ICチップ内蔵なし

パール入りなし

リモコン付きなし

防水仕様なし

ICチップ内蔵なし

パール入りなし

リモコン付きなし

硬さ(5段階) やや柔かい やや柔かい
電池 単四電池3本 リチウム充電池
電池持ち(5段階) 短い(58分) 短い(44分)
音の大きさ(5段階) やや大きい(61dB) やや大きい(61dB)
におい(3段階) 普通 普通
価格 2,000円前後〜 2,300円前後〜

 

ローリングバーストとローリングバースト(リチウム)の比較写真

 

・ローリングバースト(左)とローリングバースト(リチウム)(右)の横写真比較

ローリングバースト(左)とローリングバースト(リチウム)(右)の横写真比較

 

・ローリングバースト(左)とローリングバースト(リチウム)(右)の縦写真比較

ローリングバースト(左)とローリングバースト(リチウム)(右)の縦写真比較

 

ローリングバーストとローリングバースト(リチウム)の管理人コメント

 ローリングバーストとローリングバースト(リチウム)は電池部分以外は全く同じものと考えて大丈夫です、ですので感想等は個々のローリングバーストのページをご覧ください、ここでは電池による違いだけをまとめてみます。

 

 まずローリングバースト(リチウム)はリチウム充電池を使用しているためパワーの部分が多少違く感じますが、基本的には中のモーターは同じものだと思います、またスイングの回転などもほぼ同じだと考えてもらって問題ありません、違いの感じ方は電池の特徴の違いでその瞬間のパワーが違うためだと思います。

 

 ローリングバースト(リチウム)の特徴はリチウム電池なので電池が無くなるまでパワーが落ちないのが特徴です、最初はアルカリ乾電池を使用した通常のローリングバーストの方が若干強く感じますが、使用しているとリチウムの方がずっと安定しています、ただし充電時間が3時間ほどかかりますのでご注意ください。

 

 通常のローリングバーストはアルカリやマンガン乾電池の宿命というか最初は良いのですが、徐々に弱まってしまいます、特にこのローリングバーストは非常に電池の持ちが悪いので、アルカリ乾電池を使用するとかなり早く弱くなってしまいます。エネループなどを使用できればよいのですが、モーターがかなり熱を持つので故障の原因になるので、使用は控えた方が良いと思います。

 

 お値段はamazonでならほとんど変わらないので、充電は面倒ですが最後までパワーが落ちないローリングバースト(リチウム)の方が良いかと思います。

 

詳しい情報や感想は個々のバイブのページをご覧ください