管理人自らの体験に基づいたディルドの選び方を提案しています。

バイブセレクト

更新履歴

マゼラン追加(2011/07/17)

U.F.O(R-1専用アタッチメント)追加(2011/05/29)

アラブS追加(2011/04/17)

潮姫〜大洪水伝説〜追加(2011/04/03)

アラブビスタM追加(2011/03/20)

アラブLL追加(2011/03/06)

シナプスヴォーグ追加(2011/02/20)

フェミニマイブー追加(2011/02/06)

オルガBig(フェアリーミニアタッチメント)追加(2011/01/30)

エネマ(フェアリーミニアタッチメント)追加(2011/01/23)

 

全ての更新履歴

ディルドの選び方

 

ディルドの選び方

 バイブ・ディルドの基礎知識の表にありますように、ディルドは基本的に中(奥)を刺激するために作られています(中に芯があり角度を変えられるものはGスポットも刺激できます)

 形はほぼ全て一本式ですので種類が多くないかと言うとそうではなく、バイブなど以上に太さや長さ、硬さ等が細かく分かれているのでまさに自分に合うタイプを選ぶことができるかが重要になります。

 

 そこで私の体験にもとづいたバイブの選び方のポイントを紹介したいと思います。

 

@まずは太さを選びましょう。

 ディルドはバイブ違い中(奥)派もしくはこれから中イキがしたい方などが使用することになると思います。

 やはりまずは太さを選ぶべきです、その時の注意点がショップや当サイトでも太さと書かれているのは最大径の事のなります、ほとんどはカリの部分になりますが、カリが極端に太いものや細いもの等があります、ですので数字だけで太さを選ぼうとせず写真等で数字が書かれている物を見て選びましょう。

 

 当サイトでは製品の紹介ページで写真による太さを直径だけでなく周囲径も測っています。

 またカリの部分だけでなく中心と根元の部分も同様に直径と周囲径を測っていますので参考にしてみてください。

 

 初めてディルドを購入する方で太さを選べない方は、ショップの口コミ情報で良いものを選ぶと太くて失敗する可能性があります。

 というのは私の経験でもあるのですが、ディルドはやはり徐々に太さを求めがちになります。

ディルドを使用している方は結構アダルトグッズに慣れている方が多いのでふと眼を好む傾向にあります、初めてで解らない場合は定番のものより少し細めをお勧めします。

 

A次に硬さをみましょう。

 次に重要となってくるのはやはり硬さだと思います、これは完全に好みの問題になってしまいますが、硬いものは太さを感じられますし挿入しやすいのも特徴です、逆に柔かいものは少し太めのものを挿入すればいっぱいに満たされて挿入感を味わえます。

 

 当サイトでは硬さを5段階で評価しています。

これはバイブも含めて共通にしている項目で、レビューを書くときは以前に比べたバイブやディルドを再度触ったり、実際に使用したりして確かめるようにしていますので、もしよろしければ参考にしてみてください。

 

B形や機能を見てみましょう

 まず形ですが、基本はまっすぐの物が多いですが、スクランブルペニスの様に初めから沿っている物もあります。

 

 特に中に芯がありディルドの角度を変えられるものは耐久性が悪いという欠点はありますが、自分で好きな形に変更できるのでGスポットを刺激したい時等はお勧め出来ます。

 

 また吸盤ですが付いていればそれだけ重くなったり、持ちにくかったりしますが、騎乗位や背後位もできるようになるので、色々な体位で試したい方は吸盤付きも考慮しましょう。

C最後にほかの方のレビューを参考にしましょう。

 ここまで見ていけば、そのディルドの特徴はおおよそつかめていると思います、そこで他の方が具体的に書いてある特徴を見ていけば、ただ漫然と見るより参考になると思います。

 

 当サイトでもできるだけ詳しくレビューを書いていくようにしますので、よろしければ参考にしてみてください。

 

その他のバイブ・ディルドマニュアル

バイブ・ディルドの基礎知識

バイブの選び方

・ディルドの選び方

バイブ・ディルドの使用前後

バイブ購入ショップ比較

バイブやディルドを誰にもばれずに買う方法

バイブ人気商品早見表

ディルド人気商品早見表

バイブ・ディルド比較